あの伊賀焼土鍋のごはんを
おうちで毎日


世界初。

全自動炊飯専用土鍋”かまどさん電気”

いつものごはんが、
料亭や旅館でいただくような

おいしいごはんに生まれ変わる

あたたかい湯気とともに広がるごはんの香りと、ふっくらつやつやした炊きあがり。
口にすれば、ひと粒ひと粒がしっかり感じられ、
噛みしめればお米の持つ本来の甘みが引き出されている。
炊きたても、冷めた後も、どちらもおいしい。

さあ、あなたも「かまどさん電気」生活を

“みなさまの声“

今まで14年間、電子ジャーの炊飯器を使ってきたので炊き上がりの違いに驚きました。ご飯をしゃもじでほぐす感触から全然違います。食べてみても、・・・もっと見る

「かまどさん電気は、もう職人の技をオートフォーメーション化したというか、 画期的な炊飯器。」八代目儀兵衛 橋本晃治総料理長・・・もっと見る

「かまどさん電気を使い始めて、お米が愛おしい!って感じました。ー倉本康子さん」  抜群の着こなしと明るい性格で人気の・・・もっと見る

「ごはんに焼き鮭、味噌汁。食卓にそんな品が並んでいたら、もうそれだけで、あぁ幸せな家庭だなって思いますね。しかもそれが土鍋で炊いたごはんなら、なおさら。」料理家 栗原心平様・・・もっと見る

全自動電気炊飯土鍋

かまどさん電気

土鍋ごはんがたった3ステップでかんたんに。

使い方はいつもの炊飯器と同じ

土鍋を炊飯器にセットしてボタンを押すだけ。いつもの炊飯器と同じように簡単にどなたでもお使いいただけます。

{ その1 }

お米を研ぐ


{ その2 }

土鍋をセットする


{ その3 }

炊飯スタート


お手入れも簡単

伊賀焼の特性で、土鍋とごはんの間に水分膜ができるので、使用後のお手入れも簡単。おこげごはんの後でも、少し水につけておくだけでスルッときれいに取れ、簡単にきれいになります。


本物の土鍋を使うこだわり

伝統工芸品との融合は至難の技。
それでも本当においしいごはんを炊き上げるために、
長谷園とシロカの試行錯誤の末、電化専用の土鍋の製造法を確立しました。




私の人生の集大成
理想の炊飯器ができました

もっと手軽に、毎日使えるような電気炊飯器をつくりたい。長谷園とシロカの想いが重なり生まれた「かまどさん電気」

ガス炊きとおなじ味を再現していると自信を持って太鼓判を押す、人生の集大成。ぜひお試しください。

長谷川 優磁