電子レンジ:据え付けについて

電子レンジ:据え付けについて

寸法図



製品の設置場所について
火災を防ぐために、壁や家具など周囲の可燃物から下記の距離を離して設置してください。
上面:15 cm以上
左側面:10 cm以上
右側面:4.5 cm以上
背面:10 cm以上
注意事項
前面および側面の片側は開放する。
樹脂製の、熱に弱い壁や家具などの場合は、さらに距離を離す。
不安定な場所や熱に弱い物の上、近くでは使わない。
金属製の台もしくは金属製のレンジ台などの上に置いていただくことをおすすめします。
肩よりも高い位置に置いて使わない。
背面の壁がガラスの場合、20 cm以上あける。

アース線の取り付けについて
コンセントにアース端子がある場合
アース線先端の被膜を取り、アース端子に接続してください。このとき、芯線を傷つけないように注意してください。
【アース端子の例】
つまみタイプ:つまみを緩め、ねじ部分にアース線先端の芯線を巻きつけ、つまみをしめてください。

ふた付タイプ:ふたを開けてドライバーでねじを緩め、ねじ部分にアース線先端の芯線を巻きつけます。ドライバーでねじをしめ、ふたを閉めてください。

コンセントにアース端子がない場合
アース接地工事(電気工事有資格者によるD種接地工事)を行ってください。工事はお買い上げの販売店にご相談ください。
次の場合は、感電事故を防止するため電気工事有資格者による、D種接地工事が法律で義務づけられています。
湿気の多い場所:水蒸気が充満する場所、土間・コンクリート床、酒・しょうゆなどを醸造または貯蔵する場所
水気のある場所(漏電遮断機の取り付けも義務付けられています。):水を取り扱う土間、洗い場など水気のある場所地下室など常に水滴が漏出したり、結露する場所

対象機種