チョコレートファウンテンについて

チョコレートファウンテンについて

Q:モーターは運転している(モーターの音はする)のに、チョコレートがスムーズに流れません
 A:
チョコレートは板チョコレートを使用していますか。板チョコレートを使用し、取扱説明書の6ページの材料をご使用ください。
チョコレートを温めて充分に溶かしてからモーターを運転してください。 チョコレートが濃い場合は、適宜少量の牛乳を加えて薄めてください。室温が低い場合は、チョコレートが固まりやすいので、空調設備などで温度を調整してください。チョコレートの粘度が低い場合は、チョコレートを加えてください。
食べ物などがシリンダーに詰まっていませんか。 一度電源つまみを「切」にして、電源プラグをコンセントから抜いて、詰まっているものを取り除いてください。
シリンダーの中に空気だまりができていることがあります。 一度電源つまみを「切」にして、チョコレートが下に流れ落ちた後、再度電源つまみを「保温/回転」に合わせてモーターを運転してください。

Q:電源ランプが点灯しません・加熱されません・モーターが運転しません
 A:
電源プラグをコンセントに確実に差し込んでください。
電源つまみを「保温」または「保温/回転」に合わせてください。
加熱プレートを本体ベースに正しく取り付けてください。加熱プレートの取り付けについては、取扱説明書の9ページに記載されている、「加熱プレートのつけはずし」をご参照ください。

Q:使えるチョコレートの量はどのくらいですか
 A:チョコレートファウンテンに流せるチョコレートの最大量は約400gです。400gを超えてチョコレートを入れると、チョコレートがあふれて、やけど・故障の原因になります。

Q:チョコレートが滝のように流れません・サラサラと細く線状になってしまいます
 A:
チョコレートがなめらかになるまで数分流し続けてください。
チョコレートの粘度が低すぎませんか。 チョコレートの分量が合っていても、チョコレートの種類によっては粘度が低い可能性があるため、チョコレートを追加してください。
湯煎でチョコレートと牛乳を溶かす際に、牛乳200mlを溶かし、残りの50mlはファウンテンに溶かしたチョコレートを入れた際に、様子を見ながら調整してください。

Q:ファウンテンタワーから流れ落ちるチョコレートに隙間やダマができます
 A:
本体が傾かないように水平な場所に設置してください。
溶かしたチョコレートを少しずつ追加してください。最大約400gのチョコレートを流すことができます。
チョコレートに水分が入っていませんか。 一度電源つまみを「切」にして、ダマになっている部分を取り除いてください。水分が多量に混入している場合は、すべてのチョコレートを入れ替える必要があります。

Q:チョコレートはどんなものでも使用できますか
 A:板チョコレートをご使用ください。チョコレートの粘度によっては、うまく流れない場合があります。

対象機種