かまどさん電気は、お米の本当の美味しさを知っている人たちにも
「おいしいね」と言ってもらえる炊飯器ですね。

銀座きたむら 北村誠三オーナー



銀座きたむら

カウンター席を中心に、日替りの割烹料理を、お客様の体を考えたメニューに落とし込んで提供。堅苦しさを抜きに真心の和食を味わえる「銀座きたむら」のオーナー北村誠三さんに、かまどさん電気で炊くごはんの魅力を語ってもらいました。




忙しく働くお客様一人ひとりに、体が喜ぶお料理を。


銀座で料理人として育ててもらったこともあり、その恩返しをしたい。
そんな想いから銀座にこの店を構えて、4年目を迎えました。
お店で提供している料理は、“美と健康”をテーマにした、
お酒とともに旬の山海の幸を楽しんでもらえるものばかりです。
銀座という土地柄もあり、普段から忙しいお客様も多く、
野菜や発酵食を中心に、体に優しいお料理の提供を心掛けています。
お店自体も一人ひとりのお客様に手が届く広さということもあり、
好みや体調に合わせたお料理で、ほっとする時間を過ごしてほしいですね。



お米本来のおいしさを味わってほしい。


食材は京都や金沢を中心に、日本全国へ足を運び、厳選したものばかり。
そして、お米は知り合いの農家が石川県小松市で生産している
無農薬のコシヒカリを使用しています。
ごはんは、懐石料理のようなスタイルで前菜に召し上がっていただくこともありますし、
食事の〆としてシンプルに白米とお漬物を提供することもあります。
前菜に提供するのは、お酒を飲む前に悪酔いしないために、
胃を慣らしてもらう意味もあります。
お酒を飲む方は、お米が好きな方が多いということもあり、
ごはんのおいしさにはこだわっていますね。



いい文化を受け継ぎ、今の時代に合った製品。


日ごろから新しい調理道具に対するアンテナを張っているのですが、
あるときに知り合いからかまどさん電気を紹介してもらいました。
その第一印象は、最先端を進みながら、原点回帰している製品。
土鍋という昔ながらのいい文化を受け継ぎながら、
今の時代にも使いやすい形で進化しているところにそういう印象を受けました。
最初は土鍋なので難しいのかなと抵抗感がありましたが、すぐに慣れました。
使い慣れていくうちにお米の特長をうまく引き出したおいしいごはんが炊けるようになり、
本当にお米のおいしさを知っている舌の肥えたお客様にも評判になっていますよ。



普通の炊飯ジャーとは全く違う、土鍋ならではの炊きあがり。


かまどさん電気で一番いいなと思ったところは、とにかく“香り”と“味”がいいこと!
白米の炊き上がるときの香りや、おこげの香ばしい香りなど、
お米本来のおいしさが分かるような、とてもいい香りがするのが特徴です。
これまで使用していた電気炊飯器と比較しても、
かまどさん電気の炊き上がりは土鍋炊飯と同じようにふっくらで、実際にごはんを食べてみても土鍋ならではの炊きあがり。
うちでは炊き込みごはんではなく、ちゃんと白ごはんを提供するので、
白ごはんにはとてもこだわりがあります。
お米本来のおいしさを引き出すこの炊飯器は、
昔ながらの土鍋で炊いた懐かしい味がして自信をもってお出しできます。


(写真:小出和弘)