一つ一つ、
手づくりで作られる
本物の土鍋

本体、ふた、内ふたと、
3つの部品に分かれる「かまどさん」は、
一つ一つ職人の手でていねいに
手づくりで作られています。

数多くのプロの料理人が選ぶ
「かまどさん」

栞庵 やましろ


恵比寿 あふそや

味のなかむら

おこん

ご馳走 たか波

808TOKYO

青山 杏亭

栞庵 やましろ



本物の土鍋が呼吸して、
おいしいご飯ができあがる

木製のおひつのように土がご飯の余分な水分を吸い、逆に時間が経ってご飯が冷めてくると水分を返してくれます。
このように土鍋が“呼吸”しているので、時間の経過にかかわらず、艶のある冷めてもおいしいご飯を楽しめるのです。

炊きたても、冷めてもおいしい土鍋ごはん

羽釜で炊いたごはんは、木のおひつに移しておいしさを保ちますが、「かまどさん」は呼吸する土の特性により、土鍋だけでおいしいごはんを楽しむことができます。

熱しにくく、冷めにくい土鍋

もともと「かまどさん」はほかの土鍋と比べて肉厚に成型されており、
熱伝導が緩やかになり“熱しにくく、冷めにくい”土鍋になります。
これが日本人の憧れである“かまど炊き”の温度推移の再現にとても適しており、
「かまどさん電気」の土鍋にもその良さは引き継がれています。

肉厚成型だから理想的な炊飯ができる

「はじめちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな」という理想的な炊飯の温度推移(ゆっくりと温度が上がり、一度上がると冷めにくい)を、その肉厚な構造で実現します。

土と釉薬による遠赤外線効果

伊賀の土は“呼吸”するだけでなく、釉薬と相まって、金属や陶器にはまねできない遠赤外線効果を発揮します。
お米の表面に伝わった強い熱が内部に緩やかに届くことで、
糊化(こか)が芯から行われ、ふっくらした炊きあがりになるのです。

全自動電気炊飯土鍋

かまどさん電気

土鍋ごはんがたった3ステップでかんたんに。